スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

この窓から見える景色、その後。

<<前回までのあらすじ>>

「wiiが欲しいな」(¥25000)
    ↓
「ゼルダのソフトでいいや」(¥6800くらい)
    ↓
「はじめてのwiiのソフトでもいいよ」(¥4600)

という訳のわからない値下がりを見せた挙句
最終的に「はじめてのwii」も自分で買いやがった、殿。


仕方がないので、年末の慌しい最中、



マフラーを買ってあげました。


すげー喜んでた。


でもそれ





500円なんだ。


【“この窓から見える景色、その後。”の続きを読む】
スポンサーサイト
  1. 2007/01/26(金) 22:22:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

INFORMATION-しばらくTOP固定-

hebokora05.jpg独り交換日記は

紅白ヘボ創作2007

を応援します。




【“INFORMATION-しばらくTOP固定-”の続きを読む】
  1. 2007/01/15(月) 00:00:00|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

高天原に神留坐す

個人的な意見だけれど、良質のストーリーというのは
「先が知りたくてたまらないけれど終わって欲しくない」
という気持ちにさせるものではないだろうか。

これは自分が主体的な立場で楽しむものであればあるほど
顕著だと思うのだけどどうだろう。

例えば、映画や単発物のドラマ、芝居などは放っておいても
終わってしまうので「まだ見ていたい」と感じながらも
悶絶する暇を与えられる事は少ないが
毎週見続ける必要のある連続物のドラマ(最近ならのだめカンタービレ)や
ページをめくらないと先に進めない本、コントローラーを握らないと進まないゲーム。
これらは皆、先が自分に委ねられている分、
「知りたい・・でも・・終わってほしくない・・・ッ!」
という気持ちで一杯になりものすごい悶絶をすることになる。

「進みたい・・・だけど・・怖いッ」

焦らし上手である。


なんの話しかっつーと「大神」の話である。
正月休みの間、気が狂ったように「大神」をやり続け、FFへのログインはほんの数分。
FFブログだっちゅーのに思わず「大神」の話を書いちゃう馬鹿がここにいます。

新年早々すみません。

しかも最新ゲームのレビューならまだ少しはお役に立てるかもしれませんが
出たのは去年の四月。前評判、本評判ともに高く、
「すばらしいゲームだぜえ!」
と仰ってる方が既にたくさんいます。乗り遅れること甚だしいです。

まあでも、私、年明けてしばらく、


「今年は2008年。」


だと思っていたんで。

つーか去年絶賛


「2007年」


だと思っていたみたいなんで。私。

どうりで、「you tube」とか「2006年」の動画が多いなあ、と思っていたんだよ。
ちょっと古すぎね?と。何やってんのインターネット、と。ね?

最新でした。タハ。

だからまあ、逆に一週回って新しい?位の気持ちで読んでいただきたい。
あとここはFFブログじゃないの?と思っている人も、
新年だしいろいろあるよね、と思って読んでいただきたい。
まあ、好きなことを好きに語ってしまった非常に偏ったあれなので
オチとかないです・・・すいません。

ネタバレしてるんで隠します。
【“高天原に神留坐す”の続きを読む】
  1. 2007/01/12(金) 14:09:56|
  2. 【奨】好きすぎてオチがない
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

一人暮らしの娘に母の愛。

年末年始といえば、母からの宅配便です。

遠く東京の空で、一人年を越す娘のために
今年も、祖母と母が大量の食料を送ってきてくれました。

45cm四方の箱に所狭しと詰め込まれた食料たち。


DSC02744.jpg



エビフライだの芋の天ぷらだの、おすしだの生肉だの
相変わらず全く日持ちのしないチョイス
その量には驚きますが
一人暮らしの娘にとって、用意しにくい御節や
正月料理などはやはりうれしいもの。


しかも今回は私の好きな「カニ」もいれておいてくれるという。


tt8_a.gif 「Yおじちゃんがカニをもってきてくれて、今それを炭火で焼いてみんなで食べてるところなの。」


sakubon 「へええ、いいねえ。」


tt8_a.gif 「あんたにもいれておいてあげるわね。」


sakubon 「ありがとう!楽しみにしてるね!」


カニ好きな私は小躍りして喜んだ。
本当に、楽しみにしていたんだ。

だから、あまりに大量すぎて
年越しには間に合わないという
本末転倒さはさておき、お母さん。

【“一人暮らしの娘に母の愛。”の続きを読む】
  1. 2007/01/01(月) 15:59:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。